snow white

ハーブのアロマ効果で美白肌が復活

アロマの香りが特徴のハーブは、お茶にして飲めば美白のためにも有効になります。
ローズヒップティーは甘酸っぱい風味と芳香が特徴のハーブティーですが、抗酸化力のあるビタミンCの宝庫でもあります。
皮膚のシミやニキビで困っているときには、毎日の習慣としてローズヒップティーを飲めば、メラニンの色素沈着も抑制して、美白の肌を蘇らせることができます。
肌荒れの症状に対処するためには、抗炎症の作用があるカモミールティーを飲むこともおすすめです。
カモミールの成分については、化粧水の原料としても使われていますから、皮膚の健康にとっても有益です。
レモンバームやミントなどのハーブティーにもアロマの香りがあり、ストレスや不安を打ち消す働きもあります。
ストレスがたまることは、皮膚の健康にとってもよくありませんから、ハーブの有効成分を上手に活用すると効果的です。
ハーブティーとして飲むだけでなく、お風呂に入れて楽しむ場合でも、アロマの効果によって美白の素肌を復活させることができます。

美白のために役立つ精油成分のアロマ効果

芳香が素晴らしい植物には、アロマ効果がある精油成分が含まれています。
例えば、柑橘類にはリモネンという精油成分が含まれ、様々な化粧品の原料になります。
リモネンを含むオイルでマッサージをすれば、芳香によって精神が安定して血行も良くなるため、美白のためにもなります。
レモンにもリモネンが含まれ、ビタミンCの宝庫としても有名です。
抗酸化作用を働かせるためには、レモンとハチミツを合わせて、ジュースとして飲むことがおすすめです。
美白効果を引き出すために、レモンの化粧水を使うことも人気です。
化粧水で使うことで、精油成分のアロマ効果が感じやすくなり、皮膚に潤いを与えることもできます。
レモンとよく似た香りがするレモンバームは、精油成分としてシトラールを含むハーブです。
レモンバームのアロマの香りについても、上手に活用することで、美白の肌を維持しやすくなります。
シトラールを含む化粧水やオイルを使う場合でも、肌荒れを修復することができます。

recommend

オンライン英会話について子供でも対応できるものを探す

2018/6/1 更新