美白の遺伝について

snow white

美白は遺伝で決まる?

色の白さは七難隠すということわざもありますが、どの年代においても美白の人は年齢より若く見える傾向にあります。
羨ましい限りですが、よく肌の美しさ、特に色の白さについては遺伝で決まると言われています。
これは本当なのでしょうか? 確かにその傾向は大きいでしょう。
秋田県は日本一日照時間が短いため色白が多く秋田美人と呼ばれています。
日照時間が短い生活が代々続き、メラニン色素が少ないDNAが受け継がれ色白になる。
その上で紫外線を浴びる時間も短い為、色白でシミも少ない美白の持ち主が多くなるのです。
つまり色白か色が黒いかについては遺伝的要素がかなり強いと言えます。
ただシミに関しては逆に生まれつき色が黒い方が出来にくいと言えるのです。
生まれつき色が黒い場合はメラニン色素を最初から多く持っている為、紫外線を浴びてもシミが出来にくいと言えます。
色白の場合は紫外線を浴びるとすぐに赤くなってしまいます。
刺激によるダメージに弱いのが理由なのですが、この修復力の強弱は遺伝が関係していると言われています。
修復力が弱ければシミになりやすいので、若い頃から日焼け対策をしっかり行わないと将来的にシミが多く発生してしまいます。
色が白いほどシミも目立つので避けたい事態ですよね。
色の白さは生まれつき決まっていますが、シミが無い状態に代表される美については後天的な手入れの影響が大きいので、日々のケアの積み重ねが何より大切です。

遺伝的に日焼けをしやすい人は美白を徹底

遺伝的に日焼けをしやすいタイプの人がいます。
そういう人は日に当たるとメラニンが生成されやすいので、美白対策を徹底しなければなりません。
美白対策としてまず最初に考えたいのが、化粧品や日除けグッズによる紫外線対策です。
紫外線カット機能のある化粧品を利用したり、日傘や帽子などで物理的に防ぐのも効果的です。
日々の積み重ねが後々の肌に大きな影響を与えますので、億劫がらずに紫外線対策を万全にしなければなりません。
また、メラニン色素が生成されないようにしてくれる化粧品も有効です。
紫外線に当たってもメラニン色素が生成されなければ肌の色が変わることはありませんし、シミもできません。
既にできてしまったシミに対してはメラニンを還元してくれる作用を持つ化粧品を使います。
メラニンの還元作用で、シミになっていない部分も透明感が出てきます。
美白対策を行っていると透明感が出てきますので、素肌にも自信が持てるようになります。

おすすめWEBサイト 5選

リーブ21の情報
http://www.kando-st.jp/

最終更新日:2017/4/14